アナログレコード針専門店「アーピス」へようこそ! |お買物方法お支払い・配送・返品訪問販売法に基づく表示
ポイント手帳会員情報e-pointについて
 A`pis Japan では、レコード針・カートリッジ・プレーヤー・アクセサリー類を取り扱っています。
    
ID: パスワード:

年末年始の休業のお知らせ
誠に勝手ながら、12月29日(土)から1月4日(金)まで休業とさせて頂きます。 その間もご注文は受け付けておりますが、商品の発送は休業明けとなりますので、予めご了承下さい。 尚、休業中も、お問い合わせについてはご対応致します。
 ナショナル/EPS-41STSDのレコード針交換方法
特殊タイプの針交換画像7 ◆この方法は、ナショナル/EPS-41STSDのレコード針交換方法です。

このタイプのカートリッジに対応したレコード針は特殊な交換方法ですので写真付きで丁寧にご紹介します。

各部名称・用語説明はこちらをご覧ください。
各画像はクリックすると拡大してみることができます。
特殊タイプの針交換画像7-1 取り外し方法です。

このカートリッジは圧電タイプのカートリッジです。写真はカートリッジをアームから取り外して撮影していますが、通常はトーンアームに取り付けたままでの作業になりますので、トーンアームに負荷がかからないよう慎重に作業してください。
まず白いレコード針のプラスチック部分両側を指先でつかみます。
特殊タイプの針交換画像7-2 矢印部分を支点にして(内部にツメがかかっています)回転させるように下に向けて外します。
特殊タイプの針交換画像7-3 ゆっくり外して下さい。
特殊タイプの針交換画像7-4 白いレコード針ジャケット後端のツメを折らないように取り外せば完了です。新しいレコード針の取り付けは逆順で、まずツメを本体下部の穴に差し込み、回転させるように被せていき、最後パチンと音がするまではめ込んでください。
特殊タイプの針交換画像7-5 カンチレバー(金属部分)が正確にアーマチュアゴム(青部分)にセットされているかを確認すれば完了です。

◆◆レコード針・カートリッジ交換/プレーヤー調整目次◆◆

 各部名称・用語説明

 レコード針の交換方法
 ■一般的なレコード針の交換方法
 ■特殊なレコード針の交換方法 その1
 ■特殊なレコード針の交換方法 その2
 ■特殊なレコード針の交換方法 その3
 ■東芝/N-301Cのレコード針交換方法
 ■コロムビア/SJN-68のレコード針交換方法
 ■コロムビア/DSN-45のレコード針交換方法
 ■ナショナル/EPS-41STSDのレコード針交換方法

 カートリッジの交換方法
 ■一般的なカートリッジの交換方法
 ■T4Pプラグインタイプのカートリッジ交換方法(モデル/テクニクスSL-D31)
 ■専用シェルタイププレーヤーのカートリッジ交換方法(モデル/ビクターQL-Y33F)
 ■専用シェルタイププレーヤーのカートリッジ交換方法(モデル/パイオニアPL-570)

 プレーヤーの調整方法
 ■プレーヤーの調整方法1 ゼロバランスの調整をする
 ■プレーヤーの調整方法2 針圧の調整をする
 ■プレーヤーの調整方法3 アンチスケート等その他の調整をする



レコード針(交換針)
ブランド別一覧
A'pis
ADC
CEC
NEC
アイワ(AIWA)
アカイ(AKAI)
エラック(ELAC)
エンパイア(EMPIRE)
オーディオテクニカ
(audio-technica)
オルトフォン(ORTOFON)
オンキョー(ONKYO)
ケンウッド(トリオ)
グランツ(GRANZ)
サンスイ(SANSUI)
シャープ(OPTONICA)
シュアー(SHURE)
スタントン(STANTON)
ソニー(SONY)
ナショナル(Technics)
パイオニア(PIONEER)
ピカリング(PICKERING)
マイクロ(MICRO)
マランツ(Marantz)
ヤマハ(YAMAHA)
三菱(DIATONE)
三洋電機(OTTO)
東芝(Aurex)
日本コロンビア(DENON)
日本ビクター(Victor)
日立(Lo-D)
カートリッジ
ブランド別一覧
A'pis
ピカリング(PICKERING)
オーディオテクニカ
(audio-technica)
オルトフォン(ORTOFON)
シュアー(SHURE)

当店はお客さまの プライバシー保護の為 会計時においてSSLに対応しています。
アーピスジャパン
〒115-0052 東京都北区赤羽北1-25-34
TEL : 03-6454-4031 FAX : 03-6454-4033   e-mail : info@apis-jp.com